売上に合った家賃かどうかを確認

企業が業務を行うとき、自社ビルを建設して行うケースはあまりないかもしれません。大企業などでも、表向きはその会社の看板があっても実質は賃貸で入居しているケースがあります。企業は変化に対応しないといけませんが、自社ビルだと変化に対応しにくくなります。さすがに小さい企業だと自社ビルどころではないでしょうから、賃貸から開始するケースが多くなります。ビジネスのためには立地などを気にしたいところですが、最も大事なのは家賃です。毎月いくら支払うのかで決めなければいけません。創業間もない企業などでは、家賃が経費の大半を占めるところもあります。それだけ負担になっています。売上に見合うコストの物件を選ばないと、事業運営が難しくなります。

事業内容によって立地を気にして選ぶ

事業内容はそれぞれの企業で異なります。商品を仕入れて販売したり、製品を作って販売、サービスの提供などがあります。企業運営のためにはその拠点として事務所を構えないといけません。賃貸事務所を利用するとき、どんなところにある物件を選ぶかです。事業内容によっては立地は非常に重要になりますし、あまり重要にならないときもあります。ショールームなどがありお客さんに良く来てもらうなら、来てもらいやすいところでないといけません。少々高くてもいい立地から探しましょう。営業マンがお客さんの所に行くスタイルなら、必ずしも立地を気にする必要はありません。営業拠点の中心地等に置くと良いでしょうが、駅から遠いところでも特に問題はないでしょう。

賃貸事務所 港区は、オフィス物件に特化した不動産サイトに豊富な物件が掲載されており、基本的な情報だけでなく物件の外観や内部の画像も閲覧できます。

Share if you like!

Read more?