注文住宅で気を付けたい!失敗しない間取り5選

オープンキッチンの臭い

近年の注文住宅では、リビング・ダイニング・キッチンを一体化したオープンキッチンが、主流になっています。家族の動きや様子が一目瞭然のオープンキッチンですが、問題点の一つに臭いがあります。キッチンで調理する際に発生する臭いや、飲み物や食料品から発生する臭いなど、壁の無い間取りだと様々な臭い問題が発生します。この問題を解決するなら、臭いをシャットダウンできる方法や予防策を講じておくと安心です。

西日の差し込みについて

西側に窓を設けると、眩しい西日が毎日差し込みます。特に真夏の西日は眩しいだけでなく熱さもあるため、健康にも影響を与えます。また紫外線を含んでいるため、家具やフローリングの劣化や色あせも進行します。これ避けるためにも、西側の窓の設置場所は慎重に決めましょう。

コンセントを設置する場所

電気を使う生活が多い現代では、コンセントの数や位置は重要な要素です。家具やカーテンに隠れてしまったり、数が足りなかったりすると生活に不便を感じることもあります。またエアコンや分電盤など高い位置に設置するものは、間取りを考える際にしっかりと計画しましょう。

トイレの排水音と寝室の場所

一日に何度も使うトイレですが、起きている間は気にならなくても、寝静まった時に気になるのが排水音です。アクセスしやすいように寝室の近くにトイレを設置する住宅も多いですが、真横だと音が気になって眠れないこともあるため、横や下に部屋を作らないように設計すると良いです。

集約すると良い水回り

間取りを作る際、キッチンや浴室、トイレなどの水回りは集約しておきましょう。集約するメリットはメンテナンスがしやすく工事費が安く抑えられる、排水音が気になりにくいなどがあります。

足立区の注文住宅は北千住エリアが特に人気です。駅前は大型商業施設がある上、私鉄、JR.、地下鉄各種揃っているので、長い目で見て腰を据えて暮らす事が出来ます。

Share if you like!

Read more?